淡路人形芝居サポートクラブ
トップ活動報告淡路人形芝居ミュージアムトピックス情報入会申込みリンク集
淡路人形芝居ミュージアム 淡路人形芝居ミュージアム 淡路人形芝居ミュージアム
淡路人形芝居ミュージアム トップ 淡路人形芝居とは 人形芝居観劇 演 者(人間国宝) 映 像 外 題 淡路人形芝居 一問一答
淡路人形芝居ミュージアム
淡路人形芝居 一問一答
淡路人形のはじまりから文楽との違いなど、皆さんの疑問にお答えしていきます
淡路人形芝居の歴史や文楽とのかかわりから人形の操り方や小道具まで、様々な疑問をわかりやすく解説しています。

淡路人形芝居というのは、どんなものですか。
答
【由来】
 淡路人形芝居は、約500年前、西宮から百太夫という「傀ぐつ師」の元祖が淡路島を訪れ、地元の人に伝えたのが始まりです。18世紀の初めには、44座の座元が覇を競い、淡路島内のみならず、日本全国を巡業して発展してきました。大阪の文楽、徳島の阿波人形なども淡路から伝わったもので、全国各地には、今も淡路系の人形座が約80座も残っております。世界の歴史上、人形はよく宗教的な行事と結びつけて使われてきましたが、淡路人形も例外ではなく、恵比寿天をたたえ、海の安全と豊漁を祈願するものとして行われましたが、百太夫の死後は、家・土地・船を守るための神聖な季節の行事として定着してきました。
【仕組みと舞台】
 淡路人形は頭(かしら)と胴・衣装からできており、一体の人形を3人の人形遣いがくろこ(黒子)を着て操ります。主遣い(頭と右手)・足遣い・左手遣いの3人の気持ちがうまく合って、初めて人形に命が吹き込まれ、生き生きした表現ができるようになります。
 芝居は太夫(語り)と三味線(伴奏)による義太夫節の浄瑠璃に合わせて、人形遣いが操る人形の動きによって演じられます。三味線の澄んだ音色、情感あふれる太夫の語り、人間以上に喜怒哀楽の繊細な表現をする人形…、この三者三位一体の絶妙なハーモニーによって淡路人形芝居の舞台が展開されます。

【経緯】
 18世紀に全盛期を示した淡路人形芝居は、19世紀になってもなお20座が存在していました。しかし、その後次第に衰微の道をたどることになりました。これには、次のような理由が挙げられます。
1  人形芝居の従事者が「生涯が修行」といわれる長期の修行や経済的な苦しさに耐え切れなくなってきた。
2   新興の多様な芸能が大衆の人気を奪いだした。
 こうして、明治20年には20座あった人形芝居の座元も、昭和11年には7座となり、現在は淡路人形座1座となっています。
 しかし、「人形の灯を絶やしてはならない!」という地元有識者の努力のもと、昭和27年には後継者団体として「三原高等学校郷土部」がスタート、続く昭和44年には「財団法人淡路人形協会」が設立、更に昭和51年には「国の重要無形民俗文化財」に指定されるなど、画期的なことがありました。
 その後、青年有志、中・小学校や子供会などの後継者団体も逐次誕生し、人形復興への機運も高まってきました。

【海外公演】
 淡路人形芝居の海外公演も目覚しく、昭和33年のソ連公演を初めとして、昭和49年には2か月にわたるアメリカ公演、53年にはフランス・スペイン公演と続き、今日までに19回、延べ29か国に及んでおり、訪問国の先々でそれぞれ高い評価を受けております。

浄瑠璃ミュージアム トップに戻る

淡路人形芝居サポートクラブとは、どんな団体ですか。
答
【設立】
 国指定の重要無形民俗文化財「淡路人形浄瑠璃」(以下、淡路人形芝居という)を保存・継承する諸活動を支援するために、平成9年に民間団体として設立された後援会です。当時は、「阪神・淡路大震災」後の観光客激減の時期であり、翌年には「明石海峡大橋」開通ということもあって、設立の趣旨としては、次のようなことが挙げられます。
1  「阪神・淡路大震災」後の観光客激減にあえぐ淡路人形座初め、淡路人形に関する 諸活動を勇気づけたい。
2  明石海峡大橋」開通後に淡路に訪れるであろう多くの外来客に対して、淡路が自信を持って提供できる文化芸能として、淡路人形芝居を更に充実整備し、21世紀の淡路おこしに結びつけたい。
3  人形芸能500 年の中で、人形とともに培われてきた「人形の心」(義理・人情、思いやりの心)を淡路人のホスピタリティ精神として見直してもらいたい。
 このようにして、平成9年10月に、会員1850 人、会費5300余万円を元に設立され、現在に至っております。

【経緯と活動】
 設立後、今日に至るまで、地域社会は長引く景気低迷下にあって、年ごとに会員及び会費・寄附金も漸減状態となり、苦しい運営状況下ですが、設立の初心を忘れることなく、新淡路人形会館(仮称)建設基金の積み立て事業を初め、人形後継者団体・人形関係団体の活動支援、海外公演・国内主要公演の支援、広報紙の発行、ホームページの整備などの諸事業展開を通じて、淡路人形芝居の普及・発展に努め、各方面から大きな関心と評価を得るところとなっております。

浄瑠璃ミュージアム トップに戻る

文楽人形とどこが違うのですか。
答
【共通する部分】
義太夫節浄瑠璃(太夫・三味線)に合わせて演じる人形劇である。
3人遣いの人形である。(主遣い、足遣い、左手遣い)
台本(床本)が同じである。
【異なる部分】
  文楽人形 淡路人形
人形
(かしら)
の大きさ
小さい(かしらは4寸) 大きい(かしらは6寸)
人形の操法
(構え)
胴串(かしらを支えるための握り棒)を手のひらで受け垂直に構える。繊細な動きができる。 鉄砲ざし(主遣いが左手で人形の心串を握る。力強い表現ができる。)
劇 場 大都市の常設劇場で演じる。 諸国巡業が本来の姿なので、野掛け小屋で上演した。
外 題
(演目)
世話物・景事(けいごと)を得意としている。
【世話物】
作品の時代を江戸時代の町人世界に設定した演目。例「曽根崎心中」
【景事】
能や狂言などに取材した舞踊劇。
時代物・神事舞などを得意としている。
【時代物】
作品の時代を江戸時代より以前に設定した演目。「賎ケ嶽七本槍」
【神事舞】
「式三番叟」「戎舞」など
演 者 男性ばかりで演じている。 男女ともに演じている。
芸 風 ツンとすました芸。 土に根ざした芸能なので、常に観客とともに歩む姿勢がある。(けれん味、早がわり「狐七化け」)

浄瑠璃ミュージアム トップに戻る

「淡路人形浄瑠璃館」と「淡路人形浄瑠璃資料館」は同じですか、別ですか。
答
別の建物です。次のような違いがあります。よく間違われますので、将来的な統合(一体化とか、隣接させるとか)の必要性が叫ばれております。
【異なる部分】
  淡路人形浄瑠璃館 淡路人形浄瑠璃資料館
所在地 〒656-0501
兵庫県南あわじ市福良甲1528-1地先
大鳴門橋記念館内
TEL.0799-52-0260
〒656-0475
兵庫県南あわじ市市三條880
TEL.0799-43-5037
運営母体 財団法人淡路人形協会 南あわじ市教育委員会
施設・設備 ホール(200人)、舞台、舞台裏、稽古部屋、事務室 展示室(2)、会議室、収蔵庫、事務室
職員構成 18名(支配人 坂東千秋) 2名(館長 正井良徳)
基本的な機能
元吉田傳次郎座の頭 諸道具による淡路人形芝居の常設公演
淡路人形芝居に関する資料展示
座員の技芸研究・研修活動
元市村六之丞座の頭・諸道具を中心とした人形関係請資料の収蔵
淡路人形芝居に関する資料展示、作品展示
人形浄瑠璃など、伝統文化に関する研究・研修
諸会合
浄瑠璃ミュージアム トップに戻る
お問合せ淡路人形芝居サポートクラブとはサイトマップ このページの先頭へ戻るトップページに戻る